将来に向けた新たなエンジニアの創出

SMT の従業員 Gareth Cooper は、Warwick 大学において機械系学部の3年生に対して授業を行いました。

私たちは、若手技術者の育成、業界の発展をさせるために情熱を持っています。Dr. Mao氏より講義の提供の招待状を受け取った際抵抗できませんでした。

トランスミッションのエンジニアの1人であるGareth Cooper は、Warwick 大学において、ソフトウェアを利用してギヤノイズ低減を最適化する方法を講話しました。業界最先端のCAEソフトウエアであるMASTA を紹介した Gareth は、40人以上の学生に対して、豊富な経験や洞察力を共有し、学術的な学習に実際の状況を合わせ支援を行いました。講義後は2時間にわたるラボセッションを行い、CAEソフトウェアパッケージを使用するスキルと経験を身につけると共に、プロジェクトの支援を行いました。

4月末に改めてDr. Mao 氏とその学生に再会する予定で楽しみにしており、将来の才能をはぐくむことで業界の発展を続けることが出来ることに非常に興奮しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年05月05日|ブログのカテゴリー:アナウンス