SMT MASTA ギヤジオメトリの最適化

 

SMT のMASTA CAE ソフトウェアパッケージは、Gear Solution の記事として、Cumminsの「ディーゼル エンジン アプリケーションの騒音を最小限に抑え、ロバストネスを最大化するためのギヤ マクロとマイクロ ジオメトリの最適化」に掲載されました。 システムのアプローチは、ロバスト性(曲げ、接触、スカッフィング、およびマイクロピッティング)安全係数が損なわれないようにしながら、トランスミッションエラーを最小限に抑えるためにマクロとマイクロ デザインを最適化するために使用されます。

Cumminsは MASTA を使用して、ディーゼル エンジン アプリケーション のために、堅牢性を維持しながらノイズを最小限に抑えながら、ギヤ マクロとマイクロ ジオメトリを最適化します。 MASTAのAdvanced LTCA のシステム変形解析とギヤ歯接触解析機能により、Cummins はノイズターゲットを達成し、プロジェクトのマイルストーンを達成し、改善された設計を生産に移行することができました。

 

Gear Solutions に掲載された記事の詳細については、こちらをご覧ください(英語)

 

 

2017年10月01日|ブログのカテゴリー:技術資料