カリフォルニア州立大学 チコ校レーシングチームにスポンサーとして参加

 

Baja SAE イベントは、技術系の学生が組立可能な最も進んだオフロード自動車を設計・開発・運転するための年単位の競技会です。

チームは、自分たちの車をゼロから構築することを任され、トランスミッションの機能の一部として2段減速のギヤボックスを設計・構築しました。SMT は、MASTA を提供することで、設計、解析、製造プロセスの合理化を支援しました。

 

チコ校レーシングチームの Edgar は、「MASTA は、17-18のギヤボックス設計において、重要な役割を果たしました。二番目にカスタムギヤボックスを作成することは、MASTA の能力のおかげでこれまで以上に素早く、効率的になりました。シャフト、ギヤ、ベアリングを一度に解析できるため、設計を合理化し、検証できます。我々が最初のフィードバックから学んだ内容をすべて盛り込み、あらゆる方法で二番目のギヤボックスを最適化出来ました。最終的に25%の軽量化につながったのです。SMT のサポートがなければ、私たちのドライブトレインは今日のように成功することはありませんでした。」と述べています。

SMT は、チームのパフォーマンスを祝福し、同時に次の大会で彼らに幸運がもたらされることを祈ります。

 

 

 

 

 

 

 

さらなる詳細につきましては、チコ校レーシングチームのFacebook またはInstagram をご覧ください。

2017年10月01日|ブログのカテゴリー:プレスリリース