SMT China User Forum 2018 中国ユーザー会 が開催されました

 

9月21日、中国 上海にてSMT中国のユーザー会が開催され企業の皆様、業界専門家、エンジニア、大学教授、関連団体から160名を超える参加を、上海の英国領事館からは、John Edwards 氏の参加をいただきました。

フォーラムでは、まもなくリリースされる新バージョン MASTA9 の内容を含む業界の動向や、新たな開発動向などについて、お客様に情報提供をしました。

内容は、軸受解析の新機能、各SMTの専門家やゲストによる電気自動車のノイズに関するものも含まれています。

SMT のリサーチ部門ディレクターである Owen Harris は、2002年に開設された最初のオフィスから現在に至るまでSMTが中国国内におけるトランスミッション開発の発展にどのように支援したのかを説明しました。

中国国内のトランスミッション開発企業が東アジア地域の成長するビジネスニーズを満足させSMT がさらなる支援を実施するためにい上海に新事務所を開設しました。

 

9月20日は、SMT の製品を長年にわたりお使いいただいているお客様限定でクローズドセミナーが開催されました。このセミナーでは、各社の事例を交えてより具体的な紹介が行われました。

 

 

 

 

 

 

 











2018年09月21日|ブログのカテゴリー:イベント