SMT MASTA 詳細

 

MASTA コア機能

デザインのための機能
・2D デザインビューとインタラクティブな3D ビュー
・44,000を超える統合的なベアリングデータベース
・円筒ギヤ、シャフト、ベアリング、クラッチ、シンクロナイザー、スプライン、カップリングなどの利用
・特定のパワー設定、ポイントロード、ロードケース、デューティーサイクルの設定
・2D CAD 図面をインポートしシャフトのプロファイル編集に使用

 
解析の機能
・パワーフロー
・システム変形
・円筒ギヤの荷重、ミスアラインメント
・ISO 6336 とAGMA 2101-D04 を利用した円筒ギヤの評価
・ベアリングの荷重、ミスアラインメント
・ISO 76, ISO 281, ISO/TS 16281 を利用したベアリングの評価
・DIN 743, AGMA, SMT 式 を利用したシャフト疲労の評価
・強度やコンタクトレシオのためのマクロジオメトリ最適化



その他の機能

FE メッシュデータの活用と縮退、解析
・ハウジングやシャフトなどのFE メッシュデータをインポートし、縮退後MASTA で活用
・FE メッシュデータを利用したMASTA の解析では、応力、変形、モード変形、エネルギー量などがよりパワフルに -NVH解析に活用
・剛性向上と重量削減検討
・変形、応力、曲げ、ひずみをシステム変形解析で確認

ギヤの歯の内部起点による疲労破壊 (TIFF)
・設計者がMackAldener の方法に基づき、TIFFの亀裂発生のリスクを予測することが可能。MASTA の荷重条件を付与した歯あたり解析の結果を使用して内部応力と疲労応力を可視化。このような問題を設計の初期に理解し、最適化を実施することが非常に重要になってきている

強化された荷重付与時の歯あたり解析 (LTCA)
 
プランジ シェービング ダイナミクス
 
ホブ プロセス シミュレーション
 
パワーロス / 効率計算のための摩擦オプションの強化
・これまで使用可能だったISO/TR 14179-1:2001 の方法に加え新しい摩擦家椅子の計算方法を利用可能
ギヤフランクの荷重インジケーター
・パワーフローモードで、2D ビュー/3Dビューのどちらでも荷重を視覚的に確認可能。他のモードでは、2Dビューで可能
ISOを元に計算されたギアの応力にショットピーニングが及ぼす影響の考慮
 
ギヤの公差標準
・AGMA 2101-D04 を利用した円筒ギアの評価でAGMA 2015-1-A01に加えて、AGMA 2000-A88, ANSI/AGMA ISO 1328-1-B14 公差規格を使用可能
ハイポイド / ベベルギヤ のミスアラインメント計算
 
CADレポート機能
 
LDPインポート
 
FE コンポーネント ノードコネクションレポート
 
FEのインポートとベアリングノードのアラインメント
 
円筒ギヤのミスアラインメント計算手法
 
円筒ギヤのLTCA(応力)解析値を利用したAGMA 評価
 
溶接/構造ファクター
・スカッフィング計算時に溶接/構造 ファクター Xw を使用可能